人気ドレスは年代で違う|美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう

美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう

人気ドレスは年代で違う

婦人

キャバクラで働いている人は、何着ものキャバドレスを持っています。では、1人あたりどのくらいの数のドレスを持っているのでしょうか。これはキャバ嬢の働く日数によって変わってきますが、出勤日数の少ないキャバ嬢でも、最低2、3着は持っています。逆に出勤日数の多いキャバ嬢は、7~10着くらいは持っています。それだけ持っていれば出勤が続いても楽に着まわすことができるからです。しかし、たくさん持っていても、デザインがワンパターンであったり、同じような色であったりだと、あまり周囲に変化を見せられません。そうなってしまうと、常連のお客様にとっても楽しみに欠けてしまいます。そのようなことにならないよう、同じドレスを続けて着用することにならないための数はキープしておきましょう。

では、お客様の年齢層別にキャバクラで人気のキャバドレスの種類を見ていきましょう。
60代以上の男性客に人気なのはロングドレスです。大人の女性を演出でき、落ち着いた雰囲気が出ますので、それに合わせた接客を心掛けると、さらに好印象を持たれます。次に、バブルの時代を生きてきた40,50代に人気なのは、バブル時代のボディコンに近い、タイトなミニドレスです。バブル時代はとにかく楽しく盛り上がっていたので、ノリの良い接客をするとより好まれます。そして、バブル崩壊後のきびしい世代を生きてきた30代の男性に人気なのは、少し透けているなど程よい大人感のあるドレスが人気です。30代は、まじめでシャイな人が多いですが、しっかりとその男性客の話を聞き、褒めると好印象が得られます。最後に、ゆとり世代と言われる20代の男性に人気なのは、ミニのワンピースです。特にそのまま外に出かけても違和感のないようなデザインが人気です。20代はキャバクラという感覚よりも、友達のように気楽に話ができる接客が良いでしょう。このように、キャバクラに来るお客様の年齢層で、ドレスを着まわしてみるといいでしょう。

Copyright © 2016 美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう All Rights Reserved.