洗濯と保管|美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう

美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう

洗濯と保管

レディ

キャバドレスを複数もっていると、そのドレスの洗濯のことも考えないといけません。ミニドレスも、丁寧な洗濯方法やきちんとした保管をしないとすぐに傷めてしまうので、もったいないです。
キャバドレスを自分で洗うのではなく、クリーニングでお願いする場合にも、しっかりとミニドレスの状態を確認しましょう。確認することについて、1つ目は、コサージュが付いたままになっていないか確認し、付いていたら外します。2つめは、シミがある場所の確認をします。3つ目は、ほつれている部分がないかの確認をして、あった場合は直しておきましょう。ミニドレスの状態を確認出来たら、クリーニングに出す時にシミの場所、ほつれがあった場所を伝えてから渡しましょう。そして、クリーニングの終わったドレスを受け取った後にもシミが落ちているか、生地が傷んでいないかを確認しましょう。受け取る時にかぶせてあるビニールのカバーは、そのままにしておくとカビの原因になるので外してから保管しましょう。

たくさん持っているキャバドレスを毎日クリーニングに出すと、クリーニング代がかなりかかってしまいます。そのため、普段はドレスを自分で手洗いする人もいると思います。自分で洗う場合は、まずしっかりと、ミニドレスの内側についている洗濯表示のタグを確認し、適切な洗濯方法を行いましょう。
キャバドレスを手洗いする基本の手順としては、ぬるま湯に洗剤を溶かし、ドレスを付けて洗います。その時に、生地が傷まないように、こすらず押し洗いをしましょう。洗い終わったら、すすぎ残しのないようによくすすぎます。すすぎの後に手で絞ったり、脱水したりすると生地が傷みますので、すすいだ後はハンガーに掛けてタオルで押さえながら水分をとります。あとは、風通しの良い日陰で乾かしましょう。

Copyright © 2016 美しい魅力を引き出すロングドレスを見つけよう All Rights Reserved.